from 転売の心得!

世間では何故か「GWは後半となりましたv」と言われた5/3からが、私のお休みです。

 ・・・・・・・ってか、29日からお休みの会社ってどんだけあんの・・・?
 寧ろ後半が始まりの会社のが多いんではないの・・・?
 と、謎です。

 月初に有給なんか取れるかーーー!!
 寧ろ、残業したわ!仕事持ち帰ってるわー!!
(今年の目標「仕事持ち帰らない」は、早々に崩れてます。。。終わんないよ!残業それ以上認めないとか、週一回は定時退社だから認められないとか、有給取ってないから取ってとか言われても、仕事の期日は変わんないんだよー!!!!!)

 と、愚痴はここまでにしまして。

まずは3日。
 ガールズトークをかますため・・。基、婚活とはなんぞや。彼氏とは。妥協ってなんだ。
とか、そういう話をしようと、出掛けてきました古川へ。

 ・・・・・・・・まずは、待ち合わせ時間に一時間半遅れるという失態から始まります。
 ・・・・・言い訳するとですね・・・高速道路で事故がございまして・・・凄い渋滞・・・・・・・。
 車の破損状態から見るに、搭乗者は無事だったと思います。
 しかしだれしもが出掛ける祝日・・・事故も多いのは現実。
 素直に電車や新幹線で行けば良かったのかと、後悔しました。
 はじめて携帯電話持ってて良かったと思いました・・・・・・。そうでなければ、連絡の取りようがなかった・・・。

高速バスでの出来事。

1・後ろに乗車されていたおじさんが、歌い始めました。

 これがまた、渋くて良いお声!
 音痴どころか寧ろ上手い。
 小声ではあるが、すぐ前の席の私にはダダ漏れ。。。
 ・・・・・余程暇なのだろうと推察し、私は転寝しながら、渋いお声を拝聴しておりました。

2・通路挟んだ隣の席の二歳児の降車がかわいい。

 お父さんに「降りるよ」と言われて、「・・・降りない!」「降りない!!」と言っていましたが、「降りたらまたバス乗るよ」の一言で、素直に降りて行きました。
 なんてかわいいんだ!

3・駅に到着時の奥様方の会話。

「いつもより一時間以上遅れてたわね。」
「何度も利用しているけど、こんなに時間かかったの初めてだわー。」
 ・・・・・・・・・!?
 私、初めて利用したのに・・・!利用したのに・・・!!

 そんなこんなで、待ち合わせ時間を一時間半も超過して、やっとお会いできました。。。
 まずは腹ごなしをしようと、ウロウロしてお洒落なお店に寄って戴きました!
 おお、これは車じゃないと来られませんね・・・感謝!
 それぞれパスタと鶏肉料理を注文し、舌鼓。

 私は鳥のほうなのですが、トマトソースが美味しい!
 薄味派の私は、外食すると大体味が濃く感じるのですが、ちょうどいい!美味しい!!
 合間に最近の婚活事情とか、過去の体験談とか・・・とかもしたのですが、オタク話もちらほらちらほら。

 食後は、ショッピングに。
 海沿いを走って戴いた事もあり、震災の話に・・・。
 自分の被害は0に等しく、(父方の実家は流れてしまいましたが・・・)震災からも早々に気持ちが離れていた事もあって、貴重でした。
 瓦礫とかは綺麗に片づけられているのですが、その分、「元から何もなかったのではないの?」感が凄く漂ってます。
 でもそうではなく、もともとは家が立ち並んでいた場所。
 今は数件がチラホラと見えるだけで、更地に近い状態でした。
 こういうのを目の当たりにすると、何とも言えないです・・・・・。

 ウィンドウショッピングをした後は、ドライブ。
 ・・・っていうか、何も買わなかったのは私ですが!うぅ・・・勇気持てなくてアクシーズ着れませんでした・・・。かわいい・・けど、かわいすぎるんだよーー!!

 そして婚活話はどうした。と言われそうなオタトーク満載。
 ・・・・・好みは違うのですが、違うなりに話って続くものなんだなと思いました。
 気を使って戴いたのかと思いますが・・・!ありがとうございます!!

 そのうち、良い時間になったので、お夕飯・・・と思ったのですが、店が閉まってるvv
 開いてるそば屋に入ったら「売り切れました~」と言われ、GWの凄さを知る。

 そんなこんなで、開いているお店を求めてドライビング!
 ・・・・・・・・運転させてばかりですみません・・・っ・・・!←ペーパードライバー。。。
 運転出来ると、行動範囲凄く広がるんだなぁ・・・と、実感しました。

 お夕飯は中華です。
 うちは、父が麻婆豆腐が好きではないので、誘惑に負けて麻婆豆腐炒飯を注文。
 8時過ぎに食べる料理か。
 しかし旨い。
 熱々の石焼鍋で、ぐつぐついってる麻婆豆腐美味しい!
 余りかけないのですが、これは酢を入れたらきっと美味しいと思って、いれたらやっぱり美味しい!
 若干、味は濃いと感じましたが、それはいつもの私の仕様なので構いません。

 そして帰宅。
 最寄駅近くまで送って戴き、申し訳なかったですが、大変助かりました!
 お陰で終バスにも間に会いました!!

 色々と彼氏とか結婚とかについてのお話や、更には愚痴も聞いて戴けたので、トーク充実の一日でした~!!
 ありがとうございました!!

そして4日。
 ・・・・・・引きこもりでした。
 自宅から本当に出なかったので、380歩くらいしか歩いてません。
 前日の10000歩との落差に笑うvv

そして迎えた5日。
 今日こそ仕事するんだぜ!掃除するんだぜ!

母「秋田に行くけど、行く?」

 ・・・・・・・・・・終わったvvvvvvv

 何故うちの家族は、当日に朝に急に出掛けようとするんだ。。。謎なんだけど。

 秋田に何しに行くかというと、佐藤養助稲庭饂飩を食べに!
 饂飩を食べに秋田!?県超えちゃう!?饂飩食べに!?
 おおぅ・・・。
 しかし稲庭饂飩は好きです。渋ってみたものの、食に負けて行くことに。

 起きたばかりだと言うのに、車中で寝る自分。
 ・・・私は車は寝るものだと思ってます。確実に。
 子供のころ、酔い癖があったので、良く眠ってました。その癖が未だに抜けないというか・・・ゆられていると乗り物は大体いつの間にか眠ってしまいます・・・・・。

 ちょうど昼頃に稲庭饂飩 佐藤養助本店に到着。
 混んでます。当然か。連休だし。
 20組くらい前に待ってる人がいたのですが、回転は速いです。席も多いし、料理が出てくるのも早いので、回転率がいいんだと思います。
 ちょっと高いけど、天ぷら付きの、食べ比べセットみたいなのを頼みました。1800円くらいする。
 饂飩が特盛程度、と書いてあったので、母と半分こです。
 父は、別の食べ比べセット頼んでいました。

 美味しい!
 饂飩がツルツルしてて、梅のさっぱり感も美味しい!
 特に汁が美味しいです。味がしっかりしているのですが、そんなに濃く感じない。
 ゆず七味も良い味出してます。←ゆず好き。
 つけ麺のほうは、私はごまだれじゃないほうが好きかなー。オーソドックスなほうが、さらりと食べられて好きです。
 天ぷらもサクサクです。満足!

 しかし母の一言
「・・・・・・美味しいけど普通ね。一度くればいいわ。」
 父いわく
「・・・・・・秋田まで来てまではどうなのか。」

 え。ちょvv娘(30後半)を、朝から引き連れて、その感想vvv
 まぁいいか。
 両親の、こういう正直なところは結婚の秘訣に違いない。無理して喜ばれても困るし!

 帰宅途中で、大噴湯というのがある・・・と、寄り道。
 道は800m。標高差は60mと入口に書いてあり、階段が下に続いています。
 道行く方が
「帰りの上りは大変ですが、景色が凄く良かったですよ!」
 と言って下さり、ちょっとワクワクする。

 階段を下っている途中から、下に川が見えます。
 材木岩という程ではないけれど、段々になった岩肌とか、木々の緑が楽しめます。
 階段を降り切って、川に沿っての道を進んでいくと、湯気がモクモクと出ている個所が何か所かあります。
 母が触ってみて
「・・・・・熱湯だ!!!!!」
 と言っていたので、私は遠慮しました。←
 硫黄の匂いが辺りに充満しています。そして湯気が凄い。え。眼鏡曇るんだけど!ちょvv観えないvvvvv足踏み外しそうで怖いvvv
 母さんの顔がもう不明!1mくらい先にいるだけなのに!!

 楽しい。
 無駄にはしゃぐ。
 楽しい。

 景色は本当に綺麗です。自然万歳。

 一通り楽しんで、帰宅途中。
 父が震災後に復旧に来た事を話してくれました。
 震災時にどんな不幸があったのかも含めて。
 山の斜面がダーーーっと崩れ落ちた後が残り、今も復旧中の文字がある道もありました。
「この辺の道路もずっと、壊れてて通れなかった」
 と父は話してくれましたが、今はそんな様相はなく。
「震災後、一年でこの道路は通れるようになったのは、早かった。仙台の業者は大体参加して復旧してた。」
(とはいえ、父はその道路の復旧ではなかったので、復旧後に来たようですが。)
 なんて言ってました。
 
 ちなみに秋田の山には、今も雪が積もっています。
 真冬並みです。
 雪崩に注意するために、一車線しか走れないところもいくつかありますし、閉鎖されている道路もあります。
 改めて今年の雪の多さに驚きました。
 5月に真冬並みの積雪を見るとは、思ってませんでした・・・・・。

 そして帰宅途中の一番のビックリ。
 秋田との県境も超え、もう一時間もしないうちに自宅に着くという時。

 小熊出現。

 え。

 クマ?森の熊さん?まじで?

 小熊がいるという事は、近くに親熊もいるということ。
 こんな住宅地の近くに!?ええええええええ。

 小熊と目が合う。
 やっべかわいい。
 かわいいけど、さすが野生。キリッとした目をしてました。
 小熊は道路をだーーっと横切り、向かい側の斜面を登って去って行きました。
 これは通報すべきなのでしょうか・・・・・・。

 住宅とは100M離れているかという距離です。
 自分がこの辺りに住んでいたら、怖い。確実に怖い。

 人が山を切り開いて家を建てるから、動物は行き場を失います。餌があると知れば、山も下りてくるでしょう。。。
 父が言うには
「普通にこの辺にもキツネやタヌキもいるし、クマもいる。(見たのは初めてって言ってたけど)岩魚育ててるとこだと、春口は来ないけど、岩魚が育っている秋口に、クマが獲りに来る。水位調整の板を外して、水位を下げてから、岩魚を獲っていくって聞いた事がある。」
 ・・・・・・・クマ賢い。しかもちゃんと育ってから獲っていくとか、流石野生だと思う。
「クマは人を襲ったりはしない。こっちがちゃんと音を出して、いるという事を知らせておけば、クマが先に気付いて遠くに去っていく。」
 
 今までも旅行していて、タヌキ・カモシカ・シカなんかは見かけましたが、クマは初めてです。
 温かくなってきて、冬眠も終わったという事。

 ・・・・・・・どうにかして、共存出来る道が探せれば良いけど、理想論かなぁ・・・・・。

  • 末期ガンの終末医療
  • Leave a Reply