from 転売の心得!

書店の棚には成功物語みたいな本ばっかりだ。
私はむしろ失敗本を読みたい。
成功者の今になんか微塵も興味がない。
幸せなやつはだいたい似たり寄ったりだからだ。
多種多様な失敗者の生活に興味がある。

ただ単にお金がないだけの失敗者もいるだろう。
とっかかりにはそういう人の紹介もいいかもしれない。
だが、もっとディープでもっと身近にありそうな、根の深い失敗者の今を読みたい。

例えば安月給だけど、一見、ちゃんとした社会生活を送ってるように見えるサラリーマン。
しかしその実は、泥を詰めた樽を自室にたくさん所持していて、
その重苦しさで現実の重苦しさを相殺している。というような感じの方々の日々を知りたい。
「樽に詰めた泥を見ていると落ち着くんです。夜は月明かりを頼りに、泥が少し波打つ様子を、静かに見ています。私に友人はいません。」

  • 印鑑作成(実印・三文判) 岩倉市 はんこ屋
  • 印鑑作成(実印・三文判) 喜多方市 はんこ屋
  • 印鑑作成(実印・三文判) 嬉野市 はんこ屋
  • 印鑑作成(実印・三文判) 岐阜市 はんこ屋
  • 印鑑作成(実印・三文判) 気仙沼市 はんこ屋
  • 印鑑作成(実印・三文判) 紀 川市 はんこ屋
  • 印鑑作成(実印・三文判) 亀岡市 はんこ屋
  • 印鑑作成(実印・三文判) 亀山市 はんこ屋

    そういう人間の毎日に興味がある。
    静かな絶望を胸に秘めて暮らしている生活を紐解いてゆきたい。
    成金成功者の悪趣味な経営マインドを押し付けられる本にはもう飽き飽きなのだ。
    失敗者による、失敗したなりに毎日をやり過ごす方法を集めた本が読みたい。

    Leave a Reply