from 転売の心得!

iPhoneと言えば誰でも知っているApple社製のスマートフォン。洗練されたデザインに説明書を見なくても操作法が直感で理解できることが売りの同社看板商品の1つです。
この度、そのiPhoneに新たなモデル「iPhone6」が登場。発売前から構成部品の画像が少しずつリークされており、日に日にどのような姿であるのか予想可能になってきています。iPhone6の在庫状況はどうなのでしょう。
これまでは新たなモデルが登場する度に画面サイズが大きくなる傾向があり、今回もそれは既定路線のようです。特に、5.5インチモデルはiPadの画面サイズに近付きつつあり、歴代のiPhoneとiPadを並べると初期のiPhoneから徐々にiPadへと画面サイズが綺麗に繋がっていることが分かります。このように、端末の画面サイズに幅を持たせることでユーザの利用シーンに合わせた画面サイズの選択が容易になることは喜ばしいことではないでしょうか。
今回のiPhone6一つ取っても、仲間とSkypeでビデオ通話を行いたいのであれば5.5インチモデルを、自転車に取り付けてスピードメーターやGPSロガーとして使いたいのであれば4.7インチモデルを選ぶことで使用時のストレスを軽減させることができます。
iPhone6の次のモデルも画面サイズが大きくなるのか。私は次のモデルも大きくなるように思います。